二十四節気

二十四節気|絵こよみ 其の二十四「大寒」

二十四節気の「大寒(だいかん)」は、一年で最も寒さが厳しい頃。寒の内の真っ只中ですが、二十四節気も締めくくりを迎えての「春隣(はるとなり)」。雑節と呼ばれる季節の節目「冬の土用(どよう)」を過ごします。

 

二十四節気「大寒(だいかん)」蕗の薹

二十四節気「大寒(だいかん)」蕗の薹

 

 

新年を迎えてからは、時の経つのが早いこと。1月は「行(イチ)ってしまう」2月は「逃(ニ)げてしまう」3月は「去(サン)ってしまう」と言われる様に、あっという間に過ぎてしまいます。

 

 

「大寒」における七十二候は 次の三候

 

初候「款冬華さく(ふきのとうはなさく)」第七十候

雪の下からふきのとうが顔を出す、新暦1月20~24日頃

蕗(ふき)は、雪を突き破るように出てきて花を咲かせます。花をつける茎と葉をつける茎は別々になっていて、まず花茎を伸ばし花を咲かせてから葉を伸ばします。その若い花茎が蕗の薹(ふきのとう)です。

春の食を楽しませてくれる蕗の薹。香りとほろ苦さに特徴があります。まだまだ寒い夜、たらの芽などと一緒に天ぷらにして、熱燗で早春を味わいます。ちょっと贅沢なひと時です。

 

次候「水沢腹く堅し(みずさわあつくかたし)」第七十一候

沢の水が厚く張りつめる、新暦1月25~29日頃

 

末候「鶏始めて乳す(にわとりはじめてにゅうす)」第七十二候

鶏が卵を産み始める、新暦1月30~2月3日頃

 

 

「節分」と言えば、2月3日のイメージが強いですが、2021年は、2月2日となります。国立天文台によると、2月3日でないのは、昭和59年(1984年)2月4日以来の37年ぶり、2月2日になるのは、明治30年(1897年)2月2日以来の124年ぶりのこと。

季節の分かれ目という意味の雑節「節分」は、本来は、季節の始まりである立春・立夏・立秋・立冬の前日の年に四回。旧暦では、立春が一年の始まりでもあったことから、その前日は、大晦日と同じ意味合いで大切にされてきました。

一年は365日とされていますが、実際には地球は太陽の周りを365.2422日かけて一周しています。一年毎に0.2422日の差が生まれ、時間換算すると同じある地点を通過するのが6時間ほど遅くなっていきます。これを四年に一度の「うるう年」において、暦を一日増やすことで調整していますが、四年前のうるう年より少し早くなってしまうというパターンになっています (図-1)。

 

立春の推移

図-1. 立春の推移(予測を含む)|国立天文台ホームページより引用

 

こうして暫く2月4日に納まっていた立春の日が、令和3年(2021年)には2月3日へ移ることで、節分も連動して前日の2月2日へ移るということになります。

 

 

スライド写真(万両)

 

大樹の根元に寄り添うように生える万両の樹。冬色の中で赤赤と映えるその実がとても美しいです。新春を迎えて、この一年が実り多き年となりますように‥と願いを込めます。

二十四節気|絵こよみ 其の二十三「小寒」

二十四節気の「小寒(しょうかん)」は、寒さが極まる手前の頃。新しい年を迎えて、一年で最も寒い時期「寒(かん)」の内に入ります。明けるまでの約一ヶ月、身も心も引き締めて過ごす時。

 

二十四節気「小寒(しょうかん)」鏡餅

二十四節気「小寒(しょうかん)」鏡餅

 

1月11日は、鏡開き。年神さまにお供えをした鏡餅をいただきます。縁起物として、木槌や手で割って食べる習わしですが、「割る」とは言わずに「開く」と言い換えます。

 

 

「小寒」における七十二候は 次の三候

 

初候「芹乃栄う(せりさかう)」第六十七候

芹が群れ生えてくる、新暦一月五~九日頃

「せり(芹)」「なずな(薺)」「ごぎょう(御形)」「はこべら(繁縷)」「ほとけのざ(仏の座)」「すずな(菘)」「すずしろ(蘿蔔)」が春の七草。筆頭の「せり(芹)」が、語源の如く、競り合う(せりあう)ように生えてきます。「すずな(菘)」は、蕪(かぶ)、「すずしろ(蘿蔔)」は、大根のこと。

新春の1月7日「人日(じんじつ)の節句」には、「七草粥(ななくさがゆ)」をいただきましょう。おせち・お雑煮・焼き餅・お汁粉など、お正月についつい食べ過ぎてしまった身体を思いやりながら、一年間の無病息災を祈ります。

 

次候「水泉動く(すいせんうごく)」第六十八候

地の中の凍っていた泉が動き始める、新暦一月十~十四日頃

寒の入りから九日目となる頃は「寒九(かんく)」と呼ばれます。「寒九」の水は、寒さと乾燥から雑菌の繁殖が抑えられるため、質が良く、お餅を搗(つ)くにも薬を飲むにも、特別の効き目を発揮すると言われます。水の質が味の善し悪しに影響する酒造りは最盛期を迎えます。

この時期に晒した食べ物は味が良くなるという意の「寒晒し(かんざらし)」、染め物の色が鮮やかになるという意の「寒干し(かんぼし)」と言った言葉も生まれています。また、この日に降る雨は「寒九」の雨、豊作の兆しとされています。

 

末候「雉始めて雊く(きじはじめてなく)」第六十九候

雉が鳴き始める、新暦一月十五~十九日頃

「妻恋鳥(つまこいどり)」とも呼ばれるように、雉(きじ)の雄は、雌への求愛として「ケーンケーン」と甲高い声で鳴きます。また「焼け野の雉(やけののきじ)」と例えられるように、雉は野を焼かれると、自分の命に変えても我が子を守ろうとします。

雉が草の中などに隠れる時、首だけ隠して長い尾を出したままでいることを「雉の草隠れ(きじのくさがくれ)」と言います。一部分だけを隠して、他の部分が現われているのを知らずにいる様を表します。まさに頭隠して尻隠さず。

日本の国鳥として親しまれている雉ですが、深い愛情とお茶目さを感じます。盛んに鳴くのは、もう少し先の三〜四月頃。

 

 

スライド写真(注連飾り)

 

お正月の注連飾り。稲藁を手でしっかりと縒(よ)り込みながら作り込んでいくのがポイント。その基本技術をしっかりマスターしないと、太めの巻きを上手に作り上げることができません。

細めの巻きで練習をしながら少し慣れてきたら、注連飾りの土台となる太めの巻き作りに挑戦。根本を足でしっかりと押さえて、時間を掛けてゆっくりと縒り込みながら作っていきます。

土台ができたら、飾り付け。「扇」「橙」「梅の花」「鶴」「日の丸」「海老」「鯛」の縁起物や、「商売繁昌」「家内安全」「交通安全」「伍百萬両」「大入」などのお札類‥。

一番上に「扇」を付けて、セットで「橙」を飾りました。それを中心に、お札類を付けていきます。新しい年が明るい一年になるように願いを込めて、華やかに飾り付けをします。

年神様が来てくれるための目印となる注連飾りの出来上がり。

二十四節気|絵こよみ 其の二十四「冬至」

二十四節気の「冬至(とうじ)」は、一年で最も昼が短く、夜が長くなる頃。ここを境に日が伸びていくことから「一陽来復」とも言われ、物事が良い方へと向かうという意味も。

冬至には、お風呂に柚子を入れて、温もりと寛ぎのひと時を。血行を促進し、冷えた身体を温めてくれます。湯船にプカプカッと浮かぶ柚子の動きと、その香りにも癒されます。

 

二十四節気「冬至(とうじ)」ゆず

二十四節気「冬至(とうじ)」ゆず

 

冬至を迎える週末、年賀状の作成と、お正月の注連飾りを作りました。注連飾りは、稲藁をしっかりと縒(よ)り込みながら作り込んでいくのがポイント。華やかに飾り付けをしてみました。

 

スライド写真(注連飾り)

 

その他にも、お正月に向けての準備が色々と残っています。仕事の方も、一年間の納めと、来年に向けての抱負などを掲げながら、段取りなどをしっかりとしておきたいと思います。

「冬至」における七十二候は 次の三候

 

初候「乃東生ず(なつかれくさしょうず)」

靭草(うつぼぐさ)が芽を出し始める、新暦12月22~26日頃

なんきん(かぼちゃ)・にんじん・れんこん・ぎんなん・きんかん・かんてん・うんどん(うどん)。「冬至の七草」は、読み仮名に「ん」が2つ。冬至の日に食べると運がつくと言われています。

 

次候「麋角解つる(さわしかのつのおつる)」

大鹿の角が抜け落ちて生え変わる、新暦12月26~30日頃

毎年恒例のおろし餅を食べました。つきたてのお餅を手でちぎりながら、大根おろしと鰹節をのせて、少し醤油をかけてパクつきます。熱々で柔らかいお餅が美味しくて、ついつい食べ過ぎてしまいます。

 

末候「雪下麦を出だす(せつかむぎをいだす)」

降り積もる雪の下で麦が芽を出し始める、新暦12月31日~1月4日頃

二十四節気も二十四番目となる冬至を迎えている中で、いよいよ大晦日。今年の年越し蕎麦は、鴨南蛮。蕎麦は、食べて切れ易いことから「旧年の厄災を切る」という意味が込められているとも。

二十四節気|絵こよみ 其の二十三「大雪」

二十四節気の「大雪(たいせつ)」は、いよいよ各地で本格的に雪が降り始める頃。木枯らしがビューっと吹いては、一面に広がる儚い秋色の落ち葉の絨毯が舞い上がります。

日の入の時間が本当に早くなりました。夕暮れ前に、ちょっと買い物に立ち寄ってお店から外に出てみると、あっという間に真っ暗になっていたりで、何となく気忙しさを感じます。

 

二十四節気「大雪(たいせつ)」雪の結晶

二十四節気「大雪(たいせつ)」雪の結晶

 

小春日和が続く中、数日前の富士山の頭には雪が殆どなく、この時期にしては珍しいなと思っていました。しかし、昨日の朝には真っ白な冠を被り、凛とした佇まいの富士山がありました。

 

雪景色

 

今年も残すところ、約3週間となりました。いよいよ師走感も強まり、年の瀬を迎えます。今年一年やり残したことがないように‥と思いつつ、時間に追われてしまい、忙しなくドタバタとしております。

「大雪」における七十二候は 次の三候

 

初候「閉塞く冬と成る(そらさむくふゆとなる)」

重たい灰色の冬雲が空を覆う、新暦12月7~11日頃

天気予報では、安倍川の瀬切れの映像を取り上げて、ここ最近の降雨の少なさを伝えていました。瀬切れとは、河川の水量が少なくなり、流れが途切れることで、曇り空と相成す灰色の筋だけが写っています。

 

次候「熊穴に蟄る(くまあなにこもる)」

熊が穴に入って冬ごもりをする、新暦12月12日~15日頃

西高東低の気圧配置、真冬の寒波到来。各地で初雪が降り始めています。暖かな陽気が続いていたので、いよいよかな!という感じです。湿度も30%以下が続き、カラカラにも要注意です。

 

末候「鱖魚群がる(さけむらがる)」

鮭が群れをなして川を遡る、新暦12月16~20日頃

昼間、お日様が明るく照らしてくれていても寒いので、朝晩の冷え込みは尚更です。今夜は、鮭と白菜としめじなどの野菜をたっぷりと煮込んだクリームシチューを食べて暖まりたいと思います。

二十四節気|絵こよみ 其の二十二「小雪」

二十四節気の「小雪(しょうせつ)」は、そろそろ初雪の知らせが各地で聞こえてくる頃。本格的な寒さが広がっていく中で、時折、暖かな日射しの小春日和に包まれることも。

伊豆の天城湯ケ島では、紅葉の色づきも深まり、出会い橋の方では「紅葉ライトアップ」が始まったそうです。川のせせらぎを聞きながら、冬の夜空の元、幻想的な美しい紅葉を楽しめます。

 

「小雪(しょうせつ)」もみじ色深まる

「小雪(しょうせつ)」もみじ色深まる

 

 

仕事の打合せが予定より早く終わったので、久しぶりに根津美術館(東京都港区南青山)を訪ねてみました。館内を回った後、夕暮れ時の日本庭園へ。黄昏の空を見上げると、木々の葉も色づきを始めていました。

 

スライド写真

 

根津美術館は建築・展示品・日本庭園ともに見応えがあり、好きな美術館の一つです。都心のファッショナブルな場所にありながら、そこでは情緒豊かな時間が流れていきます。

「小雪」における七十二候は 次の三候

 

初候「虹蔵れて見えず(にじかくれてみえず)」

虹を見かけることが少なくなる、新暦11月22~26日頃

束の間?の暖かい日が続いていますが…。流石に、師走感も強まり年の瀬を迎えていく中で、気温も低下し、空気も乾燥してきます。暖房と加湿器を上手く使って、体調管理を心掛けたいです。

 

次候「朔風葉を払う(さくふうはをはらう)」

冷たい北風が木々の葉を払い落とす、新暦11月27日~12月1日頃

コロナ禍の中、今年も師走を迎えようとしています。長い戦いが続いていますが、第3波が襲ってきている状況での年末年始、どう過ごそうか?その戦い方を、今一度考えます。

 

末候「橘始めて黄なり(たちばなはじめてきなり)」

橘の実が黄色くなってくる、新暦12月2~6日頃

冬至を迎える前の今頃の時期が、最も日の入が早いそうです。いつの間にか辺りが暗くなってしまうので、何かと忙しなさを感じます。そんなこんなで師走は、あっという間に過ぎていってしまいます。

二十四節気|絵こよみ 其の二十一「立冬」

二十四節気の「立冬(りっとう)」は、山や里に冬の気配が感じられる頃。木々の葉は落ち、冷たい風が吹き、冴え冴えと澄み渡る夜の空には煌煌と月の輝きが広がっています。

初冬の頃の穏やかで暖かな好天またはその日差しのことを「小春日和(こはるびより)」と言います。その言葉には、厳しい冬を前に現れる温和な天気を喜んでいるかのような響きを感じることができます。

 

二十四節気「立冬(りっとう)」もみじ色づき始める

二十四節気「立冬(りっとう)」もみじ色づき始める

 

小春とは元々太陰暦10月の別称で小(こ)六月ともいい、太陽暦では11月から12月上旬に相当する時期となります。 小春日和の暖かい日が何日か続くと、春の花たちが勘違いをして咲き出してしまうことも‥。

 

どんぐり

 

散策していると、道の脇にある苔むした石の上にはドングリで文字が綴られていました。ドングリを丁寧に一つ一つ並べて表した文字からは、並べた人の色んな思いが伝わってきます。

「立冬」における七十二候は 次の三候

 

初候「山茶始めて開く(つばきはじめてひらく)」

山茶花(さざんか)の花が咲き始める、新暦11月7~11日頃

11月7日は「鍋の日」。1(い)1(い)7(な)べの語呂合わせではありますが、グッドタイミング!鍋料理の美味しい季節になりました。今夜は、冷蔵庫にあるつくねの団子と白菜と大根を煮込みます。

 

次候「地始めて凍る(ちはじめてこおる)」

地が凍りはじめる、新暦11月12~16日頃

11月15日は「七五三」。数えで、男の子は三歳と五歳、女の子は三歳と七歳の時、健やかに成長したことをお祝いします。千歳飴は、江戸時代に浅草寺の境内で売られたものが始まりとされています。

 

末候「金盞香し(きんせんこうばし)」

水仙の花の芳しい香りが漂う、新暦11月17~21日頃

水仙の中央の黄色い部分を金盞(金の盃)、周りの白い花弁を銀の台に見立てられる上品な姿と、その芳しい香りに惹かれます。雪の中でも美しい花を咲かせる縁起の良い水仙は、お正月の生け花にもぴったり。