二十四節気|絵こよみ 其の十二「夏至」

二十四節気の「夏至(げし)」は、一年で最も日が長く、夜が短い頃。お祭りや花火大会などの夏の風物詩が催されない中で、夏の盛りを迎えます。やはり寂しさを感じます。

雨降りの道ゆくモノトーン気分の中、コントラスト鮮やかに咲き誇る紫陽花たちに見惚れてしまいます。小さな装飾花によって、手毬状の花房が色とりどりに織り成されます。

 

二十四節気「夏至(げし)」紫陽花

二十四節気「夏至(げし)」紫陽花

 

散策中の通りにある塀越しに咲いている紫陽花。アナベルという品種で、小さな白い装飾花を手毬状につけた花房が特徴です。周りの木々や苔生す緑とのコントラストがとても鮮やかです。

 

二十四節気「夏至(げし)」紫陽花

 

372年ぶりの天体ショー。夏至の日に部分日食が見られるのは、実に江戸時代以来のことだそう。江戸時代の人々も、皆で空を見上げて楽しんだのでしょうか?次に部分日食が見られるのは2030年…。

「夏至」における七十二候は 次の三候

 

初候「乃東枯る(なつかれくさかれる)」

うつぼぐさが枯れる、新暦6月21~25日頃

6〜8月の3ヶ月気象予報によると、今年の夏も猛暑、かなり暑くなりそうです。新型コロナウイルスと熱中症、そして自然災害…、様々なリスクを気に掛けていかなければなりません。

 

次候「菖蒲華さく(あやめはなさく)」

あやめが花を咲かせる、新暦6月26~30日頃

どちらも似ていて共に優れており、優劣つけ難いことを意味する「何れ菖蒲か杜若(いずれしょうぶかかきつばた)」。花が咲く時期や場所、花びらの色や模様・大きさや形に、それぞれ違いがあるようです。

 

末候「半夏生ず(はんげしょうず)」

半夏(からすびしゃく)が生え始める、新暦7月1~6日頃

本年前半の半年を無事に過ごせたことに感謝をし、後半の半年の無病息災を祈る「夏越の祓(なごしのはらえ)」(6月30日)。特に、その思いを強く感じる一年です。

SNSでもご購読できます。