暦で、話を咲かせよう。


日本の旧暦

日本には、豊かな季節の移ろいがあります。それを人々は細やかに感じ取って、それぞれの季節に寄り添い感謝をしながら、暮らしの中に溶け込ませることで、心の拠りどころにしていたのが「旧暦」です。

年ごとに繰り返される四つの季節である「春 夏 秋 冬」。それぞれの四季は、「初」「仲」「晩」をつけて、さらに三つに分けられます。合計すると十二の季節。ちょうど十二ヶ月と同じ区分になり、そのまま月名としても用いられました。季節や行事に合わせた和風月名(わふうげつめい)という呼び名もあります。

そして一年を二十四等分した「二十四節気」、それをさらに「初候」「次候」「末候」と三つに分けた「七十二候」などから構成されます(図-1. 日本の旧暦)。

 

人は昔から、太陽や月の巡るリズムを、季節や月日などを知る手掛かりにしてきました。「旧暦」というのは「太陰暦」と「太陽暦」を組み合わせた「太陰太陽暦」のことで、月(太陰)と太陽の両方の動きを基に作られた暦です。明治五年(1872年)まで長い間親しまれてきた昔ながらの日本の暮らしの暦です。地球が太陽の周りを一周する時間の長さを一年とするのが「太陽暦」、月が新月から次の新月になるまでを一ヶ月(新月の日が毎月一日)とするのが、月の満ち欠けに基づく「太陰暦」です。

 

日本の旧暦

 

図-1. 日本の旧暦

 

「二十四節気」は、約十五日おきに、それぞれの季節を漢字二文字で簡潔に言い表しています。現在では 二十四節気の最初の日だけを指して言いますが、本来は十五日間全体のことを示していました。立春から始まり、二至二分(春分・夏至・秋分・冬至)の時期に四季それぞれの盛りを迎え、大寒で締めくくられます。立春・立夏・立秋・立冬が、四季それぞれの始まりで四立(しりゅう)と言われ、二至二分と合わせて八節とされます。

「七十二候」は、約五日おきに、それぞれの季節の花・草木・野菜・果物や鳥・魚・虫たち、自然現象などを題材に、漢詩の一節のような生き生きとした文章で表現されています。暮らしを支える農作業の目安としても、密接な関わりを持っています。

その他に、「五節句・五節供」と呼ばれる人日(じんじつ)・上巳(じょうし)・端午(たんご)・七夕(しちせき)・重陽(ちょうよう)や、「雑節」と呼ばれる日本の暮らしから生まれた独自の暦日があります。「雑節」は、主に農作業と照らし合わせた季節の目安となっており、日本の気候風土に即しています。節分・彼岸・社日(しゃにち)・八十八夜・入梅・半夏生(はんげしょう)・土用・二百十日(にひゃくとおか)・二百二十日(にひゃくはつか)などがあり、各地で祭りや行事などの風物詩が催されてきました。

 

 

季節の栞

 

仲夏_五月_皐月

 

仲夏 旧暦五月(新暦六月) 皐月(さつき) 移ろいゆく季節‥、早苗(さなえ)がそよぐ。
「早月(さつき)」「早苗月(さなえづき)」「五月雨月(さみだれづき)」などとも呼ばれ、早苗田(さなえだ)を吹き抜けるやわらかな風が、心地よい時。

 

 

「旧暦」には、古き良き時代の暮らしの多様な感性が詰まっており、生きていくための知恵、豊かに暮らしていくための知恵を学ぶことができます。「暦で、話を咲かせよう。」では、その多様な感性を、いまの時代の暮らしになぞらえながら、新たな感性を咲かせていければと考えています。