グループディスカッションを円滑に進めていくための技術「ファシリテーション」

新商品開発プロジェクトのワークショップのグループディスカッションを進行させていただいた際、円滑に進めていくための技術としてのファシリテーションを強く意識しました。

ワークショップでは、事前に実施をしたアンケートの結果を元にワークシートを準備して、テーマに基づいたグループディスカッションを行いながら、新商品開発のアイデアを導き出していくことがタスクになります。

グループディスカッションでは、メンバー全員が自発的に発言や体験・作業などを行える環境を整えなければなりません。その環境が整うことで、メンバー同士の体験共有・意見表出(ブレインストーミング)・創造表現・意見集約・その他のコミュニケーションを深めること‥などの効果・効用を期待できます。

その効果・効用を最大限に引き出すためのファシリテーションの技術としては、「グループディスカッション自体には参加せず、テーマに沿って発言内容を整理し、発言者が偏らず、円滑に進行するように適切なサポート・調整・時間配分などを行っていく。」ことが基本となります。

決して、自分の意見や主張を述べたり、自ら意思決定をしたりしないで、利害から離れた客観的な立ち位置を維持することによって、グループのメンバーに主体性を持たせることができます。

 

アイデアラッシュ_1

 

ファシリテーション(facilitation)には、「何かをやりやすくすること」「物事を円滑に進めること」という意味があります。今回のグループディスカッションで強く意識をした4つのポイントを整理してみます。

  1. 進行の段取り(シナリオ)を決めておき、議論をどのようにまとめていくのかを事前にシミュレーションしました。予想外の事態や質問に対しても的確に対応できるように準備をしておきます。限られた時間内にタスクをクリアできるよう、グループのキーパーソンに事前の相談をして認識を擦り合わせておきました。
  2. 事前に実施したアンケートを、グループディスカッション全体のフレームワークの材料としました。メンバー全員にアジェンダを事前配布し、議論するテーマを周知しておきました。
  3. 本番においては、メンバー全員の意見を遮ることなく最後までしっかりと聞くことを心掛けて、最適な結論が得られるように論点を明確にしていきます。メンバーの様々な意見や主張を都度整理・記録・共有し、
特定の意見や見解に偏ったり、否定・肯定したりすることなく、全員が発言しやすい議論の場を作れるように努めました。個人的な希望や願望に捉われることがないように留意をしました。
  4. 最終的には、より良い結論をメンバー相互にて得られるように、様々な発言内容の共通点と相違点を見つけながら妥協点を探ることで、タスクをクリアしました(各メンバーの立場を尊重)。

ファシリテーションによって、グループディスカッションの効果・効用を最大限に引き出していくためには、「事前準備」と「聞くチカラ」がキーワードになってきます。「聞くチカラ」は、普段から意識をして養っておくことも大切です。

次回は、グループディスカッションの肝となるブレインストーミングについて考察をしてみたいと思います。

SNSでもご購読できます。