青い空と白い雲、映える緑の樹木の中。ツリーハウスの佇まい。

東伊豆の稲取にあるツリーハウス。新聞で知り、関連本などを見て、そのクリエイティブ性に興味を持っていました。自然に寄り添った、その佇まいを堪能することができます。

町営のクロスカントリーコース内に、同町出身で日本を代表するツリーハウスクリエーターの小林崇さんがプロデュースされたツリーハウスがあります。

青い空と白い雲と、映える緑の樹木。

その中に、決して出しゃばることなく上手に組み込まれています。そのロケーション(自然のキャンバス)の中に、どのように組み込んでいくかというイメージングが、とても重要なんだろうなと思います。そこには、繊細さと大胆さが必要になってくるのではないでしょうか。

ツリーハウス ※幾つになっても憧れるなぁ…。

このツリーハウスの作者の小林崇さんの語る言葉の中に、二つ印象的なものがあります。

  • 生きている木の上に肩車みたいに乗せてもらっている感じ…。
  • ツリーハウスで、自分自身と向き合う。

これらの言葉を聞いていると、自然に対する謙虚な気持ちと、自分自身に対する素直な気持ちが大切なんだなというのを感じます。これらが掛け合わさって、このような素敵なクリエイティブが生まれてくるんだと思います。

そのクリエイティブには、忘れがちな大切なことを思い出させてくれるチカラを感じます。同じクリエイティブに関わる仕事をしているものとして、強い刺激を受けます。

こどもの頃、ツリーハウスにはとても憧れましたし、トムソーヤの冒険は何度も読み返しました。

ある先輩は、30代後半にデザインの仕事を辞めて、新潟の方で自給自足の生活をしています。ツリーハウスとは、またちょっと違いますが、その先輩は、設計・デザインから製作までの全てを自らが行ったログハウスを建てて、そこを拠点に制作活動もしています。

そんなスローな生活には、やっぱり憧れがあります。こんなツリーハウスが事務所だったらなぁ…、と真面目に思ったりもしています。

 

参照記事
◇ 東伊豆町役場ホームページ|稲取高原芝生広場(ツリーハウス)

SNSでもご購読できます。