長年、愛用してきているペン類4本とロディアのノート

仕事を進めていく上で、欠かすことのできないアイテムがあります。ペン類4本とロディア クラシック シリーズのノート。iPadミニと一緒に、いつも持ち歩いています。


まずは、ペン類。

 

愛用のペン

4本それぞれの使用年数を足したら、悠に100年を超えます。

 

 

まずは左から。

PILOT Dr.GRIP

4+1で、赤・青・緑・黒の4色のボールペンと、シャープペン。これ一本あれば、ほとんどの場面で事足りる。その名の通り、グリップがとても持ちやすく、書きやすい。

 

左から二番目。

FABER CASTELL TK9400/5B

これは、ガッツリとスケッチなどを描く時に使う。太い芯で、柔らかな描き心地なので、長時間描いていても疲れない。ペンの形状も六角形の鉛筆タイプなので、とても持ちやすい。

芯は、好みの柔らかさの5Bを使用。

 

左から三番目。

STAEDTLER MARS 0.9/HB

サクサクッと走り書きをしたり、スケッチを描いたりする時に使う。芯をちょっと長めに出して、斜め持ちでペンを走らせても簡単には折れないし、少し強めに字を書いても大丈夫。仕事の現場で、動きながらメモを取ったり、採寸したりしながら書くことも多いので、そんなタフな状況下で使用しても、まず折れない。

 

そして、一番右のやつ。

STAEDTLER MARS 780

これは、赤の芯を入れて使っている。原稿の校正用によく使う。柔らかな描き心地だけど、強く描いても折れない。

 

右から3本は、建築デザインを勉強している時から、ずーっと使い込んでいます。

仕事の打合せの時には、この4本は必ず持って行く。この4本さえあれば、自由自在だ。

 

 

次に、いまお気に入りのノート。

 

 

RHODIA2

 

 

RHODIA

シンプル イズ ベター

 

ロディアクラシック ホチキス留めノート

(A5 148×210mm 5mm方眼)

 

見開くとA4サイズとして、ほぼほぼフラットに使える。ホチキス留めなので全開ができ、折り目の辺りも書きやすい。

端から端まで、方眼罫が印刷されていて、余計なスペースやその他の印刷要素がないシンプルなタイプだ。

とてもシンプルなので、自分の使い方次第で、自由にカスタマイズ出来る。アイデア帳になったり、ダイアリー的に使ったり、ToDoリストを書き出したり…。5mmの方眼罫があるので、自由自在。

仕事のアイデアや概念図などを、ざっくりと描き表したり、ラフスケッチを描いたり…、とても使いやすい。発想のキーワードのツリー図などを展開していくのにも、ちょうど良い見開きだ。

紙質はサラッとしていて、ペンの走りも良く、インクが滲んだりもしにくい。96ページの48シートで、その厚みもサイズもコンパクトだし、iPadミニと同じA5サイズなので、まとめて鞄などにもスッキリと収まる。持ち運びにも ちょうど良い。

使い切ったら、本棚にでもまとめておけば、後から見返すのも楽々だ。

価格は少し高めだが、自分の仕事のスタイルとの相性も良いので、ここ暫くこれを使っている。

少しだけリクエストがあるとすれば、方眼の罫線の色が、もうちょっと薄いといいかなぁーということ。あと、紙質ももうちょっとだけマット感があると個人的には嬉しい。スケッチなんかを描く時の描き心地が、もう少しいい感じになると思う。

 

(RHODIA ロディア オフィシャルサイト/参照・引用)

↓↓↓
◇ ロディア オフィシャルサイト

SNSでもご購読できます。