二十四節気|絵こよみ 其の六「春分」

二十四節気の「春分(しゅんぶん)」は、太陽が真東から昇って真西に沈み、昼と夜が同じ長さになる頃。暖かい寒いが入れ替わりですが、ひと雨ごとに気温も安定してきます。

二十四節気的には春らしくなってきましたが、社会や経済的には新型コロナウイルスに関連するニュースばかりで、不安な日々が続いています。早く感染の収束の兆しが見えてくることを願うばかりです。

 

「二十四節気(春分)」たんぽぽとミツバチ

「二十四節気(春分)」たんぽぽとミツバチ

 

たんぽぽの花の周りには、春をキャッチしたミツバチたちが飛び回り、美味しそうに蜜を吸っています。暫くすると、蜜でプクッとした身体?で羽ばたきながら、楽しそうに回遊しています。

 

「二十四節気(春分)」土筆

 

近所を散策していると、足元で可愛らしい土筆と出会いました。草むらの中でニョキッと伸びるその姿は、いかにも春を先取りして顔を出しているかのように…、ちょっと誇らしげに見えます。

「春分」における七十二候は 次の三候

 

初候「雀始めて巣くう(すずめはじめてすくう)」

雀が枯れ草などを集めて巣を作り始める、新暦3月20~24日頃

とても肥えた一羽の雀を見かけました。巣作りを始める前なのか?もうどこかに巣を作った後に遊んでいるのか?畑の周りの柵の上を跳びはねながら、独り日向ぼっこをしている感じです。

 

次候「桜始めて開く(さくらはじめてひらく)」

各地で桜の花が咲き始める、新暦3月25~29日頃

新型コロナウイルスの感染は、世界的規模で深刻な状況になっています。東京オリンピック・パラリンピックの延期も決まりました。桜のお花見の方も、例年とは異なった風景になっています。

 

末候「雷乃声を発す(かみなりこえをはっす)」

春の訪れを告げる雷が鳴り始める、新暦3月30~4月3日頃

新年度が始まります。新型コロナウイルスの感染の影響により、先行きの見えない不安な新年度の始まりとなってしまいました。体調ばかりでなく、社会的にメンタルへの影響が心配です。

SNSでもご購読できます。