二十四節気|絵こよみ 其の二十二「小雪」

二十四節気の「小雪(しょうせつ)」は、そろそろ初雪の知らせが各地で聞こえてくる頃。本格的な寒さが広がっていく中で、時折、暖かな日射しの小春日和に包まれることも。

先日行った伊豆の天城湯ケ島では、紅葉の色づきも深まり、出会い橋の方では「紅葉ライトアップ」が始まったそうです。川のせせらぎを聞きながら、冬の夜空の元、幻想的な美しい紅葉を楽しめます。

 

「小雪(しょうせつ)」もみじ色深まる

「小雪(しょうせつ)」もみじ色深まる

 

仕事の打合せが予定より早く終わったので、久しぶりに根津美術館(東京都港区南青山)を訪ねてみました。館内を回った後、夕暮れ時の日本庭園へ。黄昏の空を見上げると、木々の葉も色づきを始めていました。

 

スライド写真

 

根津美術館は建築・展示品・日本庭園ともに見応えがあり、好きな美術館の一つです。都心のファッショナブルな場所にありながら、そこでは情緒豊かな時間が流れていきます。

「小雪」における七十二候は 次の三候

 

初候「虹蔵れて見えず(にじかくれてみえず)」

虹を見かけることが少なくなる、新暦11月22~26日頃

11月第3木曜日の21日は、ボジョレーヌーボーの解禁日。今年は、悪天候の影響で生産量が少なめとはなっているが、品質は特筆すべきものであるとのこと。

 

次候「朔風葉を払う(さくふうはをはらう)」

冷たい北風が木々の葉を払い落とす、新暦11月27日~12月1日頃

束の間の暖かい日に驚いたかと思えば、気温は急降下。空気も乾燥してきており、近所の小学校などではインフルエンザが流行り始めているようです。

 

末候「橘始めて黄なり(たちばなはじめてきなり)」

橘の実が黄色くなってくる、新暦12月2~6日頃

12月1日には、地域防災訓練が行われました。翌日は、出先で突然の豪雨に立ち往生。もしもの時の意識と備えを、日頃から。

SNSでもご購読できます。