二十四節気|絵こよみ 其の十六「処暑」

二十四節気の「処暑(しょしょ)」は、暑さが少し和らぐ頃。長い梅雨が明けてからの残暑が続く中での疲れも蓄積し、夏バテ気味。水分補給と、クーラー適温維持での快眠を。

川のせせらぎや蝉の声を聴きながら、冷えたスイカにかぶりつく。顔を上げると、木漏れ日が際立たせる渓谷の緑の美しさに思わずハッとします。この夏の疲れを癒してくれます。

 

二十四節気「処暑(しょしょ)」スイカ

二十四節気「処暑(しょしょ)」スイカ

 

伊豆天城湯ヶ島と所縁の深い文豪「川端康成」。浄蓮の滝の入口には「伊豆の踊子」のブロンズ像が建っています。木々の繁みの中からは、ヒグラシの鳴き声が聞こえてきます。

 

スライド写真(伊豆の踊子)

 

スイカと並んで、水分たっぷりほのかな甘さが美味しい梨も、夏バテ気味の身体への水分補給にはもってこいの果物ですね。爽やかな味わいは後味が良いので、食後のデザートにも最適です。

「処暑」における七十二候は 次の三候

 

初候「綿柎開く(わたのはなしべひらく)」

綿の実から白い綿毛が顔を覗かせる、新暦8月23~27日頃

まだまだ暑い日が続いていますが、一時の暑さに比べると…。気温と体温を単純に比較して良いのかどうか分かりませんが、気温が体温を超えるのと超えないのとでは、身体への負担がだいぶ違うように感じます。

 

次候「天地始めて粛し(てんちはじめてさむし)」

ようやく暑さが収まり始める、新暦8月28~9月1日頃

8月から9月へと、
天気図も秋模様になってきます。暑さで食欲も落ち気味でしたが、これからは食欲の秋を迎えて、旬の食材を楽しみます。魚では、サンマやイワシが出回ります…、スダチを絞ってさっぱりと。

 

末候「禾乃登る(こくものみのる)」

田に稲が実り穂をたらす、新暦9月2~6日頃

稲穂が出始める頃、農家にとっては大切な時期を迎えようとしていますが、台風が気になります。今年の予報では、より警戒が必要になりそうです。コロナ・熱中症・台風…と、心配事が絶えません。

SNSでもご購読できます。