シャープのプラズマクラスター エアコンと、その技術力。

今回購入したエアコンは、SHARPのAY-A22SE-W。2011年の旧モデルではあるが、2012年の新モデルと、スペックはほとんど変わらない。購入のポイントは、〝おそうじ機能付き〟と〝空気清浄機能付き〟の二つ。


まずは、おそうじ機能付き。

7-9畳のコンパクトタイプでは、おそうじ機能の付いたタイプは限られていたが、これは付いていた。母の希望の第一条件。

そして、空気清浄機能付き。

今までのエアコンが、16年使っていたせいか、ニオイがかなりあって気になっていた。母が、こまめに掃除をしていたが、なかなか綺麗にはいかないようだ。たぶん、カビとかもこびりついていて、エアコンをつけると浮遊していたに違いない。目に見えないだけに、コワイ。それが理由とは言えないが、母は咳き込むことが多かった。私自身もひどい花粉症&アレルギー性鼻炎なので、空気には敏感。これが、私の希望の第一条件。

この二つの条件で絞り込みをかけていくと、シャープのプラズマクラスター エアコンが気になり始める。おそうじ機能については、フィルター掃除と内部清浄の二つ。

 

自動掃除機能※たくさんボタンがあって、父母には、使いこなすのに時間が掛かりそう。

 

●フィルター掃除:フィルターのほこりをパワーブラシでかき出し、ダストボックスにためる。

●内部清浄:送風運転で吹出口周辺を乾燥し、プラズマクラスターイオンをエアコン内部に充満させ、カビの発生を抑制する。自動運転と手動運転が出来る。自動運転は日常的に行われ、手動運転は、シーズン後のお手入れなどの長期間使わない時に使用。

*

最終的に、その2011年モデルがまだあり、新モデルに比べると買い求めやすくなっていたので、更に交渉の上、これに決定。

シャープのプラズマクラスターには、前から感心を持っていた。シャープのプラズマクラスターとは、自然界にあるのと同じプラスとマイナスのイオンをプラズマ放電により作り出し放出。浮遊ウイルスの作用を抑え、浮遊カビ菌、アレル物質や付着したニオイを除去するシャープ独自の技術。パンフレットに載っているキャッチコピー〝決め手は、「空気力」〟試してみたくなる。(取扱説明書より一部抜粋)

冷暖房を使わない時も、プラズマクラスターイオン発生機として使用出来るので、夜寝る前とか、部屋の掃除をした後とか、上手に使い始めている。エアコン独自の気流に乗って、部屋全体に広がるのが特長。

 

シャープ-プラズマクラスター-エアコン※目に見えない空気だけど、からだでは感じられるはずだ。

 

目に見えない製品特性なので実感はしにくいが、その良さがだんだんと感じられることを期待している。少なくとも、いまは、このリモコンのクラスターマークのボタンを押すのが楽しみではある。

車用のコンパクトなやつも欲しいなと考え始めている。年数が経つ車なので、エアコンのニオイがやはり気になる。定期的にエレメントを変えたりはしているが、限界があるので、これがあったらいいなと思う。

 

エアコン※母の咳き込みが、少しでも軽減すれば…、と秘かに期待している。

 

シャープのプラズマクラスター エアコンを評価しているところは、そのコンビネーションだ。エアコンと空気清浄機のコンビネーション。このコンビネーションがポイントだ。

家電メーカーの製品開発戦略の部分で、このコンビネーションというのがなかなか形になっていかない。エアコンの場合、除湿機能は付いているが、除湿を目的とした場合、専用の除湿器を購入することになる。

この空気清浄機に関しては、今までだと、専用の空気清浄機を別途購入する必要があった。例えば、これを全部購入した場合、エアコン・除湿器・空気清浄機の3点セットが必要ということになる。エアコンは、まあ壁面に設置するので良いとしても、除湿器と空気清浄機は床置きが多いので、これが部屋の中で結構邪魔になるし、インテリア的にもあまりカッコイイとは言えない。

それに加えて、夏の場合は、扇風機、冬の場合は、加湿器…、部屋に置かなければならない季節家電がてんこ盛りだ。季節家電は、出したり収納したりと、季節の変わり目には、結構手間も掛かる。可能な限り、コンビネーション出来るものはして欲しい。いつもそう思っている。

逆な視点から見てみると、エアコンと扇風機や空気清浄機を部屋の中で、上手く組み合わせて、サーキュレーション的に使う。効果的且つ効率的な使い方だ。しかし、これはあくまで、暮らしの知恵という形にて、ユーザー側が工夫する領域なんじゃないかなという気がする。そういう使い方を選択するという判断は、ユーザー側がする。もちろん、そういう判断をするユーザーも存在する。

メーカーの戦略と、ユーザーのニーズ&ウォンツが多様に絡み合ってくるので、一律に論じることは出来ない。でも、もう少し、その両者が一致する組み合わせにバリエーションがあっても良いんじゃないかなという考え方である。

まぁ、一言で言うと、シャープのこのエアコンと空気清浄機のコンビネーションは、私の選択肢と一致したということである。

*

プラズマクラスターの技術だけではなく、シャープならではの独特な高い技術力には、一目置いている。シャープは、好きな企業のひとつだ。

私は、シャープのザウルスというPDAを今でも使っている。とても優れた製品だった。モバイルツールとしては、もはや化石と化しているが、どうにも手放せないでいる。

そのシャープという企業が、いま苦しんでいる。何とか、その独特な発想と高い技術力を原点に、踏ん張って欲しいと応援している。日本のものづくり産業全体のためにも頑張ってもらいたい。一人のファンからのエールである。そんな感情も今回の購入理由の一つになっているかもしれない。

(シャープ株式会社 エアコン – 取扱説明書/参照・引用)

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*