二十四節気|絵こよみ 其の二十一「立冬」

二十四節気の「立冬(りっとう)」は、山や里に冬の気配が感じられる頃。木々の葉は落ち、冷たい風が吹き、冴え冴えと澄み渡る夜の空には煌煌と月の輝きが広がっています。

仕事の交流会への参加で、伊豆の天城湯ケ島の方に出掛けましたが、先日の台風の爪痕が所々に残っています。山肌はちらほらと色付き始めていましたが、本格的な紅葉は もう少し先のよう。

 

「立冬(りっとう)」もみじ色づき始める

「立冬(りっとう)」もみじ色づき始める

 

暦の上では、秋から冬へと季節が変わりました。ここからの気候の様変わりは早く、気忙しさも膨らんでいきます。今年の冬の寒さは如何程か、お手柔らかにと願いながら冬の仕度を急ぎます。

 

どんぐり

 

山道を散策していると、道の脇にある苔むした石の上にはドングリで文字が綴られていました。ドングリを丁寧に一つ一つ並べて表した文字からは、並べた人の色んな思いが伝わってきます。

「立冬」における七十二候は 次の三候

 

初候「山茶始めて開く(つばきはじめてひらく)」

山茶花(さざんか)の花が咲き始める、新暦11月7~11日頃

11月7日は「鍋の日」。1(い)1(い)7(な)べの語呂合わせではありますが、グッドタイミング。鍋料理の美味しい季節に入りました。

 

次候「地始めて凍る(ちはじめてこおる)」

地が凍りはじめる、新暦11月12~16日頃

今年の鍋のトレンドは、激辛ブームが長く続く中、フレッシュなスパイスを楽しむ「生スパイス鍋」と辛さやエスニックを楽しむ「辛旨スパイス鍋」などに注目。

 

末候「金盞香し(きんせんこうばし)」

水仙の花の芳しい香りが漂う、新暦11月17~21日頃

水仙の中央の黄色い部分を金盞(金の盃)に見立て、周りの白い花弁が銀の台。雪の中でも美しい花を咲かせる縁起の良い花は、お正月の生け花にもぴったり。

SNSでもご購読できます。