静岡県ホテル旅館生活衛生同業組合「あけぼの会」×株式会社オシザワ

静岡県ホテル旅館生活衛生同業組合「あけぼの会」の2016年度 宿泊客安全対策研修会は、弊社(クートマイスター)と株式会社オシザワのプロデュースによって一任されました。

株式会社オシザワは、災害対策・環境対策を主要事業にしている会社です。東京本社を拠点に展開をしていますが、エリア開拓の一環として、静岡エリアへのアプローチを考えていました。

 

コンセプト・ビジュアル①(記事内)

株式会社オシザワのオフィシャルサイト(コンセプトビジュアル)

 

その一つの足掛かりとして、静岡県ホテル旅館生活衛生同業組合「あけぼの会」とのマッチングを弊社(クートマイスター)が取り持ちました。

災害対策に関しては、ホテル・旅館が単独で計画・実施をしていくよりも複数体で取り組んでいく方が現実的であり実効性も高いと考え、全体最適化を図りながら、それぞれの現場に即した計画へと活用化をしていくスキームを形にできないかとイメージしました。

そのスキームを具体化するべく、まず最初にビジョン&理念を思い描いていきました。ビジョン&理念を掲げることで、複数体が一つにまとまる力を生み出し、皆が同じ方向を向いて活動することができます。

同時に「アンケート企画」の実施により、静岡県のホテル・旅館における災害対策の現状を探りました。

そして、その「アンケート企画の結果報告書」と合わせて、下記のビジョン&理念を提示しました。

—————-

ビジョン

静岡県のホテル・旅館は、災害対策No.1を目指します。

> マイルストーン

東京オリンピック開催の2020年に向けて、ホテル・旅館としての災害対策のインフラ整備を推進。国内及び海外からのお客様に対するPR活動における静岡県のホテル・旅館のセールスポイントにしていきます。

理念

共に考え、共に有することで、共に支え合う。

(みんなで考えながら、その情報を共有し、更なる意見を交わしていきます。)

> テーマ

ホテル・旅館のホスピタリティの精神に基づき、女将の視点を大切にした思いやりのある災害対策を考えていきます。

—————-

一文にまとめると下記の様になります。

「静岡県のホテル・旅館が、災害対策No.1を目指していくために、共に考え、共に有することで、共に支え合う。」

静岡県のホテル・旅館が、改めて災害対策のことを意識するきっかけになってくれることを期待しながら、ホテル・旅館の現場目線、女将さんとしてのご経験や女性ならではの優しい目線で、災害対策を捉えていくことで、有意義な議論・アイデアラッシュができる良い機会になるのではないかと考えました。

得てして、防災業界主導の展開になると、固定観念から脱却した意見やアイデアを創出することが難しくなります。

災害対策や防災用品に関しては、総体的に作り手目線の傾向が強く、本当の意味での使い手目線での考慮が十分になされていないものが多いなと感じる時があります。特に、女性の視点で考えられたものが、まだまだ少ない状況だと思っています。

今回のスキームでは、あくまで主役は女将さんたちであり、こちら側から意見を出したり押し付けたりは決してせず、きっかけを作ったり、ヒントを出したり、アドバイスをしたり‥、というスタンスを心掛けていきました。

防災業界に一石を投じる、気づきを与える‥、そんな可能性もあるのではないかと期待しています。

 

◇ 株式会社オシザワ|オフィシャルサイト

SNSでもご購読できます。