〝ノートパソコン用傾斜箱 〟オジヤスとのコラボ(1)

ノートパソコンをもっと楽な姿勢で使いたい…、ということで考えたアイデアを、先日の記事でご紹介したオジヤスに相談しました。ノートパソコン用傾斜箱という名前で、オジヤスとの初めてのコラボです。


パソコンのノートを使う時、サイズも小さめなので、デスク上にフラットに置いて操作をしていると、首や肩や腕がかなりしんどい。どうしても姿勢も悪くなる。少しでも楽になる方法を色々試しました。

そんな中で、少しノートパソコンに傾斜をつけてやると、だいぶ楽になることが分かります。だから、事務所で使用する時は、角材や本などの適当なアンコを置いて、ノートパソコンに傾斜をつけて使っています。でも出先の時は、それはしづらい。

そんな中で、アイデアが閃きます。

出先の時は、そのパソコンの電源コードやマウスなどをソフトケースに入れて持ち歩いています。このケースと上記の傾斜台を組み合わせて考えることが出来れば、一石二鳥となり、出先でもパソコンを楽なポジションで使えるようになります。

ということで、下図のようなイメージのものを作ってみようと思い立ちました。

 

ノートPC傾斜箱寸法

ノートPC傾斜箱図面

 

使用しているノートパソコンは、Panasonic Let’s note CF-W5。

キーボードの操作性や、画面と目線のポジション、そして安定感や重心…、等々を色々と試して、側面の寸法と傾斜角は、上記ラフスケッチを基本に考えました。ポイントは、使用時の荷重に耐えられる強度と、持ち運ぶことを考慮しての軽量化です。

*

私のイメージを、オジヤスに伝えて、意見を交わしながらすり合わせ。オジヤスは、早速 年明けに段ボールで試作を作ってきてくれました。

 

ノートPC傾斜箱ダミー1

ノートPC傾斜箱ダミー2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノートパソコンの電源コードやマウスなどの持ち運びしたいものが、図面のイメージでは入る計算でした。しかし、実際に試作品で試してみると収まりきらないので、全体のサイズを変更。パソコンを置いた時の傾斜の角度は変えたくないので、箱の後ろ側にサイズを伸ばすことに。他にも入れたいものがあるので、思い切って奥行きを35mm伸ばします。

 

ノートパソコン傾斜箱ラフ

 

あとフタの留め方は、色々なサンプルなどを見ながら打ち合わせ。簡単に開け閉め出来て、尚かつしっかりと閉まる。試作品ではマジックテープになってますが、もうひと工夫してみることになりました。この打ち合わせを基に、再度試作を上げてもらいながら細部を詰めていきます。

*

今年は、オジヤスとコラボして、色んなものを作ってみたいなと思っています。そして、その技術だけでなく、ものづくりに対する心意気みたいなものも学んでいきたいです。今年も、ものづくりに とことんこだわっていきます。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*