〝 氷温熟成 〟日本橋丸善のオリジナルブレンドコーヒー

新刊をチェックしたり、仕事で調べものをしたりする時に立ち寄る丸善書店の日本橋店。その3Fにある丸善カフェでは、珈琲を飲みながら、仕事をしたり、ボーッとしたり‥。


店内も広く明るく、ゆったりとした造りなので落ち着けますし、イスやテーブルなどのファニチャーもいい感じです。本屋さん経営のカフェだけあって、お店の方の対応も良く行き届いており、ホスピタリティも意識されています。

少し時間に余裕がある時、そこで一息、コーヒーを飲むのが楽しみです。

一昨日は、打ち合わせの資料の確認をしようと思って入ったんですが、前から気になっていた「日本橋丸善コーヒー」というオリジナルブレンドを飲んでみることにしました。書店の中にもポスターが貼ってあったりして、ずーっと気になっていました。

 

日本橋丸善コーヒー2

氷温熟成。食品関連においてもこれからのキーワードになるかも…。

 

いつもは、500円のスタンダードなブレンドを飲んでますが、何となく今日は、この「日本橋丸善コーヒー」が飲みたくなったので奮発。価格が1,000円と、決して安くはないので、うーん、と迷いつつも奮発。

まぁ業態によっては、この位の価格のコーヒーを提供しているお店もあります。何事もトライアルということで、注文をしてみました。

キーワードは「氷温熟成珈琲」。お店に置いてあるメニューPOPからその内容を引用すると、

 

『氷温という世界がつくり出した、あなたのまだ知らない、香りと味わいの世界。氷温の世界がつくり出すこの極上の味わいは、これからも進化を続けます。ぜひ、ご体験ください。

氷温熟成は、生鮮食品を代表する他の食品で、高鮮度保持化、有害微生物の減少化、高品質化が認められた技術です。その技術を活用したコーヒーは、生豆本来の持つ特徴を引き立て、今までにない新しいコーヒーの味わいをお楽しみ頂けます。

日本橋丸善のみのオリジナルブレンド。やわらかな苦みとソフトな酸味に甘い香りが、より一層調和するブレンドに仕上げてあります。』

 

個人的には、ほのかな酸味が心地よく感じられて、基本となる苦みを引き立たせており、尚且つどちらにも偏りすぎておらず、とても飲みやすかったです。カップも大きめのサイズで、たっぷりめの量が注がれています。

ゆったりとした気分で、コーヒーそのものを楽しむという時間を過ごすのには、もってこいのお店とブレンドかもしれません。

コーヒーやカフェには、色々な業態があり、安くて、おかわりも自由にできるものから、こういった本格的なものまで、幅広く選択肢も多様です。TPOに応じて選択をすることができるので、たまにはこんなちょっと贅沢な選択もあっていいかなと思います。

コーヒーは、やっぱり仕事や生活の流れの中で、大事なアクセントになってくれますからね。

 

(丸善書店 日本橋店のポスター・メニューPOP/参照・引用)

 

参照記事
◇ 丸善書店のホームページ

SNSでもご購読できます。