二十四節気|絵こよみ 其の十九「寒露」

二十四節気の「寒露(かんろ)」は、草木に冷たい朝露が降り始める頃。秋の深まりとともに木々の葉は色づき、虫たちは山野から人家の戸口に近づき、季節の移ろいを奏でます。

道端では、柿の木の葉と熟した橙色の実が風に揺れています。「雁渡し(かりわたし)」と呼ばれる、雁が海を越えて渡ってくる頃に吹く北風か。旬の実りの合図です。

 

二十四節気「寒露(かんろ)」柿

二十四節気「寒露(かんろ)」柿

 

週末に掛けて、台風14号の影響が心配されます。進路が予想しにくいようなので、各地の秋の収穫への被害が大きくならないことを願っています。虫たちも一先づは雨風を凌げる静かな場所へ…。

 

二十四節気「寒露(かんろ)」葉と虫

 

秋の陽射しは、傾いてきたかなと思うと あっという間に空を茜色に染めて暮れていきます。そんな夕焼け空を見ていると、校庭や公園で友達と遊んでいた頃のノスタルジックな風景が蘇ってきます。

「寒露」における七十二候は 次の三候

初候「鴻雁来る(がんきたる)」

雁が北から渡ってくる、新暦 10月8〜12日頃

秋の夕暮れを表す「釣瓶落とし」という言葉があります。釣瓶(つるべ)とは、井戸から水を汲み上げる滑車を使った桶のことですが、日の沈む早さを、井戸の底へ釣瓶がサーッと落ちていく様に例えています。

 

次候「菊花開く(きっかひらく)」

菊の花が咲き始める、新暦 10月13〜17日頃

菊の花の咲く頃に青空が晴れ渡ることを「菊晴れ(きくばれ)」と言います。台風14号一過のここ何日かは気持ち良く晴れ渡り、気温も上昇し、汗ばむ陽気となりました。まさに菊晴れ。

 

末候「蟋蟀戸に在り(きりぎりすとにあり)」

きりぎりすが戸口で鳴く、新暦 10月18〜22日頃

何日か暖かい日が続きましたが、秋雨とともに、だいぶ冷え込んできました。車窓から見える富士山も、白く綺麗な雪の冠を被っていました。衣替えや冬仕度が遅れているので、急がねば。

SNSでもご購読できます。