絵こよみ「大寒」二十四節気 其の二十四

二十四節気の「大寒(だいかん)」は、一年で最も寒さが厳しい頃。寒の内の真っ只中ですが、二十四節気も締めくくりを迎えての「春隣(はるとなり)」。雑節と呼ばれる季節の節目「冬の土用(どよう)」を過ごします。

新年を迎えてからは、時の経つのが早いこと。1月は「行(イチ)ってしまう」2月は「逃(ニ)げてしまう」3月は「去(サン)ってしまう」と言われる様に、あっという間に過ぎてしまいます。

 

二十四節気「大寒(だいかん)」蕗の薹

二十四節気「大寒(だいかん)」蕗の薹

 

 

「大寒」における七十二候は 次の三候

 

初候「款冬華さく(ふきのとうはなさく)」第七十候

雪の下からふきのとうが顔を出す、新暦一月二十~二十四日頃

蕗(ふき)は、雪を突き破るように出てきて花を咲かせます。花をつける茎と葉をつける茎は別々になっていて、まず花茎を伸ばし花を咲かせてから葉を伸ばします。その若い花茎が蕗の薹(ふきのとう)です。

春の食を楽しませてくれる蕗の薹。香りとほろ苦さに特徴があります。まだまだ寒い夜、たらの芽などと一緒に天ぷらにして、熱燗で早春を味わいます。ちょっと贅沢なひと時です。

 

次候「水沢腹く堅し(みずさわあつくかたし)」第七十一候

沢の水が厚く張りつめる、新暦一月二十五~二十九日頃

「春隣(はるとなり)」とは、春は もうそこまで来ているという意味の冬の季語。沢や湖の氷が厚く張り詰める寒さが厳しい中でも、春の兆しに目を向ける前向きな響きの言葉です。巡りめく季節への営みや、自然の摂理に身を委ねる潔さを感じます。

 

末候「鶏始めて乳す(にわとりはじめてにゅうす)」第七十二候

鶏が卵を産み始める、新暦一月三十~二月三日頃

七十二候も締め括り。「にわとりはじめてとやにつく」とも読まれ、庭で放し飼いにされていた鶏たちが、卵を産むために鳥屋(とや)に籠ります。美味しい卵をいただけたり、早朝には甲高い鳴き声で夜明けを告げてくれたり…、いつも私たちの暮らしの傍らにいてくれます。


そして一月三十一日は「晦日正月」、正月も締め括り。春は、すぐそこ。

 

 

「節分」と言えば、2月3日のイメージが強いですが、2021年は、2月2日となります。国立天文台によると、2月3日でないのは、昭和59年(1984年)2月4日以来の37年ぶり、2月2日になるのは、明治30年(1897年)2月2日以来の124年ぶりとのこと。

季節の分かれ目という意味の雑節「節分」は、本来は、季節の始まりである立春・立夏・立秋・立冬の前日の年に四回。旧暦では、立春が一年の始まりでもあったことから、その前日は、大晦日と同じ意味合いを持ち、邪気を払い福を呼び込み、新しい春を迎えるために大切にされてきました。

一年は365日とされていますが、実際には地球は太陽の周りを365.2422日かけて一周しています。一年毎に0.2422日の差が生まれ、同じある地点を通過するのが、時間換算にして6時間ほど遅くなっていきます。これを四年に一度の「うるう年」において、暦を一日増やすことで調整していますが、四年前のうるう年より少し早くなってしまうというパターンになっています (図-1)。

 

立春の推移

図-1. 立春の推移(予測を含む)|国立天文台ホームページより引用

 

こうして、2月4日に納まっていた立春の日が、令和3年(2021年)から暫くの間は2月3日へ移ることで、節分も連動して前日の2月2日へ移るということになります。

 

 

スライド写真(万両)

 

大樹の根元に寄り添うように生える万両の樹。冬色の中で赤赤と映えるその実がとても美しいです。新春を迎えて、この一年が実り多き年となりますように‥と願いを込めます。

SNSでもご購読できます。