二十四節気|絵こよみ 其の二「大寒」

二十四節気の「大寒(だいかん)」は、一年で最も寒さが厳しい頃。お日様が隠れたり雨が降っていると寒い日もありますが、寒の入り真っただ中とは思えない穏やかな天候です。

蕗は、冬に氷を突き破るように出てきて花を咲かせます。花をつける茎と葉をつける茎は別々になっていて、まず花茎を伸ばし花を咲かせてから葉を伸ばします。その若い花茎が蕗の薹です。

 

「二十四節気(大寒)」蕗の薹

「二十四節気(大寒)」蕗の薹

 

春の食を楽しませてくれる蕗の薹。香りとほろ苦さに特徴があります。寒い夜、たらの芽などと一緒に天ぷらにして、熱燗で早春を味わいます。ちょっと贅沢なひと時です。

 

スライド写真(万両)

 

大樹の根元に寄り添うように生える万両の樹。冬色の中で赤赤と映えるその実がとても美しいです。新春を迎えて、この一年が実り多き年となりますように‥と願いを込めます。

「大寒」における七十二候は 次の三候

 

初候「款冬華さく(ふきのとうはなさく)」

雪の下からふきのとうが顔を出す、新暦1月20~24日頃

1月は「行(イチ)ってしまう」2月は「逃(ニ)げてしまう」3月は「去(サン)ってしまう」という様に、あっという間に過ぎてしまいます。春は、もうすぐそこ。

 

次候「水沢腹く堅し(みずさわあつくかたし)」

沢の水が厚く張りつめる、新暦1月25~29日頃

暖冬のせいか、この冬は鍋の回数が少ないような気がします。ここ数日は寒い日が続いており「鍋気分」。今夜は、野菜をたっぷりと入れた味噌煮込みラーメンを食べようと思います。

 

末候「鶏始めて乳す(にわとりはじめてにゅうす)」

鶏が卵を産み始める、新暦1月30~2月3日頃

インフルエンザだけではなく、新型コロナウイルスの広がりが心配されています。とりあえずは空気の乾燥から喉を守りましょう。こまめに緑茶を飲むといいようなので心掛けています。

SNSでもご購読できます。