長年愛用のデジカメと、ブランドに対するロイヤルティ。

長年愛用していたデジカメが壊れてしまったので、お別れの意を表してちょっと分解してみました。旧スペックではあったけど、使いやすくて、とてもお気に入りでした。


昨年、コンクリートの床に落として壊してしまったデジカメ。落とした時の着地した箇所が悪かったのか、シャッターとズームが全く利かなくなってしまいました。メーカーに修理に出すことも考えましたが、だいぶ古い機種だし、修理代も相応に掛かりそうなので諦めました。長年愛用していたので、お別れの意を表してちょっと分解してみました。

 

デジカメ※ちょうどシャッターとズームの機能のメカのところあたりがグシャッ!ショッキングな音だった。

 

コンパクトなデジカメなので、筐体を開けてみると、さすがにギッシリと電子部品が詰まっています。デスクトップのパソコンなんかは大きいだけに、開けてみると、中は割とスカスカだったりするけど、やっぱコンパクトな製品は、ギッシリ感が違う。何となく、日本のものづくりの技術を彷彿とさせてしまいます。

基本的に各部品は、ビス(プラスのものすごく小ちゃいやつ)で組み立ててあったので、#0のプラスドライバーで分解することが出来ました。バッテリーは、はずしてたんですけど、途中で、ビリビリッと感電したり、むき出しになったレンズのズームがウィーンと動き出したり…、ちょっと映画『ターミネーター』の別れのシーンを思い出しました。

ものづくりとも相関する分解という作業も結構面白いです。発見があったり、何かに使えそうだな…というパーツは取っておいたりと、次の ものづくりにも役立ちます。

*

デジカメを分解しながら、ブランドに対するロイヤルティのことを色々と考えてみました。自分のユーザー心理の中で、なかなか説明出来にくいこともあり、その難しさを感じます。

私自身は、そのブランドに対するロイヤルティがスイッチしにくいユーザータイプだと思います。その商品の内容や状況が変化しても、他にどんな優れた商品やサービスがあっても、ロイヤルティの高いものに関しては、まずスイッチしません。これは、製品ばかりではなくて、色々な商品やサービスについても当てはまります。

時間軸で集積されたブランドの総合的な資産と、ユーザーとのコミュニケーションが形成されているのか、単純に感覚的なものなのか。ロイヤルティという概念では説明しきれないものかもしれません。

*

お気に入りのデジカメも、こんな形でなければ、まだまだ ずーっと使っていたと思います。最新のスペックの製品が出てきても、そう簡単には、スイッチできません。まぁ、これは私がそういうタイプで、他にも色んなタイプのユーザーがいると思いますが、そんな論理的でなく感覚的な部分もブランディングには少なからずとも影響してくると思います。そう考えると、ブランディングの戦略を練っていくことには、やはり相応の難しさがあります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*